ヘルペスの種類

the white tablets

ヘルペスといえばウイルスが原因で発症する病気の一つとなっていて、幅広い年齢層の間で発症する病気でもあるため、日頃から気をつけていかなければいけなくなります。また、ヘルペスは人に感染する事もあるため常日頃からしっかりと対策を取っていく必要があります。症状も多数あり強弱もあるため、私生活に支障をきたす場合もあるため注意する必要があります。この病気を治したい時は病院に行く事が重要であり、ヘルペスができている部位によって頼る科は異なっています。例えば口唇ヘルペスや帯状疱疹の場合は皮膚科、性器ヘルペスは男性だと泌尿器科・女性は婦人科となっています。性器ヘルペスの場合については性病検査も同時に受ける事になっているため、それなりに費用が必要となります。

ヘルペスを発症するウイルスは8種類あると言われていて、症状の現れた方も異なっているため警戒が必要であります。代表的なのは単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、帯状疱疹ウイルスとなっています。症状については口や唇に病気が出てしまった場合は赤いぶつぶつや腫れ・痒み・痛み・水ぶくれ等の症状が発生します。性器に病気が出てしまった際は水ぶくれ・痛み・痒み・ただれ・高熱・排尿困難・性交時の痛み等の症状が起きます。帯状疱疹については上半身に赤いぶつぶつや潰瘍、痒みや水ぶくれ等が起きたりします。口や唇・性器にできたヘルペスは人に感染しやすいため、治療中の際はできるだけ接触を避けるようにお願いします。